未経験

webデザイナー実務経験が浅くても転職して雇ってもらえるか?

 

 

実務経験が浅くても実務経験がないよりは有利?

webデザイナーで働くときには、実務経験がある人とない人が同時に応募してきた時には、やはり経験者が優遇される傾向にあります。

これは他の仕事も同じことであり、未経験者に対してかける教育コストを考えれば、実務経験がない人よりはある人のほうが優先的に採用されます。

サイト制作やwebデザインなど色々な仕事がありますが、どれも経験が豊富であればあるほどスキルが高くなるので、案件をこなした回数が多ければ多いほど実務経験としてみなされます。この結果数年働いた程度で実務経験が浅い方でも採用となることは少なくありません。

経験が浅くてもwebに関する初歩的なことや、デザインに関する実務的な内容は一通り知っているので、会社としても教育がしやすくなるからです。

どのような案件を手がけている会社かによっても変わってきますが、通常webデザイナー に求められることはデザイナーとして基礎的なスキルがあるどうかですので、高度な知識やテクニックを持っているからあまり採用に関係なく、組織の中で周りと強調して働いていけるかどうかのほうが重要な判断要素ですので、熱意を持って面接に挑めば経験が浅くても採用してくれることは珍しくないのです。

 

経験が浅くても転職できるWebデザイナーの条件

経験が浅くてもスムーズに転職が可能なwebデザイナーの条件はコーディング業務がスムーズにできるのはもちろんのこと、デザイン力がある人が多くの会社から需要があります。

デザインする力というのは他の仕事では獲得できないスキルであり、これらがあることで強みにもなりますから、自分のデザイン力に自信があるかたは、応募の際にポートフォリオを提出して、採用を担当する人に見てもらうのが一番です。

webデザインはソーシャルスキルがあるに越したことはありませんが、それ以上に求められるのが個人のセンスや業務遂行能力です。

デザインの力があればあるほど、どのデザイン事務所も採用したいと思ってくれる人材になりますので、コーディングの基礎的なスキルはもちろんのこと、ポートフォリオの制作で自分のスキルを思う存分アピールできるようにしておけば、他の会社に就職するときにも上手く行きます。

経験が浅くてもセンスがあって能動的に活動している人材は、会社側にとってもほしい人物と思われることがありますから、経験年数にはあまりとらわれないようにして、自分の個人のデザイン力やwebデザインの力を磨き上げていきましょう。

こうすることで転職に成功します。

 

バイト・派遣で実務経験をつける

経験がなくてwebデザインの仕事につきたい場合には、アルバイトで実績を身につけるのが手っ取り早い方法の一つです。

バイトでの仕事はキャリアにはならないと考える方や、何のスキルも身につかないと思っている方もかなり多いのですが、実際にはそんなことはなく、非正規雇用からコツコツと実力と実績を上げていった結果、その後に正社員になって活躍している方や、トップのデザイナーになって高収入になっている例もあるからです。

どんな仕事でも同じことが言えますが、アルバイトからでも目標を持ち続けることで、キャリアやスキルをアップするための道を用意してくれます。

派遣やバイトでも最初は簡単な仕事を任せてくれて、それになれたらいよいよデザインの仕事をやらせてれるので、とりあえず経験を積みたい方は、最初はバイトからはじめてみるのも良いでしょう。

時給制ですが経験を問われることは全く無いので、別の業種から転職したい時や、新たなスキルを身につけて他の業界で活躍したい方にも適しています。

都市部や地方まで実務経験をつけられる求人はありますから、ウェブデザインの仕事をアルバイトからはじめてみるのも、自分のキャリアのためには必要な事です。

 

実務経験は何年までが浅いと言われる?

実務経験が何年まで浅いとされるのかは、採用担当者の基準でかなり変わります。

3年ほどの実務経験でも、それを職務経験としてみなしてくれるところから、5年から10年程度の経験がなければ一人前としてみなさない場合もあります。

トップレベルの会社であればあるほど、個人の資質も求められますから、実務経験が浅くて他の会社への転職を希望している方は、まずは今の会社よりも若干大きい会社に行くようにして、あまり有名な事務所には行かないと考えることが適切です。

浅い経験年数では働けない場所があるというのも大きな事実であり、そこで働くためには十年以上の経験が求められることもあるからです。

しかしながら大抵の事務所で3年間も働いていれば一人前にカウントしてくれて、その人の職務経験と考慮してくれますから、職務経歴書を提出して今までの自分の仕事をアピールしていきましょう。

またデザインの世界は実力の世界ですから、経験年数が長いベテランほど偉いということでもなく、短い経験年数でもより多くの実績を残してきた人が評価される業界です。

自分なりのキャリアプランを持って働き続けている方も、独立を前提に働いている方も、経験年数の浅い深いは気にしなくても問題はないのです。

 

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング