未経験

webデザイナーはやる気だけでも採用してくれる企業は存在します

webデザイナーに憧れて、実務経験なしから飛び込んでいく人も増えています。

実際、やる気さえあれば採用してくれる企業もたくさんありますので、初心者でも強い興味があって学ぶ意欲を持ち続けることができれば採用される可能性があります。

 

Webデザイナーは企業にとって大切な存在

webデザイナーを求める企業はIT系やWeb系だけに留まらず、自社で作った製品をインターネット上でアピールしたい、デジタル化を進めたいといった要望の中で必要とされることが多いようです。

webデザイナーの主な業務内容

仕事内容を確認すると、社内のWebディレクターやクライアントからデザインに関する依頼を受けた後、それに沿って制作、開発を行っていく業務です。

Webページ全般の構成やデザイン、基本レイアウトを作成したり、図やグラフを挿入したり、イラストやバナー画像の制作を行うこともあります。Webページを作る上で大事になるのが基本的なデザインであり、ページそのものを作るという作業にはある程度のデザイン力も必要です。

仕事の流れとしては、社内ディレクターやクライアントから依頼を受けたら、まず最初にその内容をしっかりと理解して、納期や進め方を確認した後にスケジュールを立てます。スケジュール作成では依頼者とチェックを行うタイミングも決めておき、詳細まで詰めることができたらデザイン制作フェースに入ります。

作業が始まったら一定の段階ごとに進捗状況の確認を行い、修正すべき点はないか・認識の相違はないかを確認することが重要です。全ての工程が済んで納品をし、OKをもらえたら完了となります。

細かな流れを確認しておき、自分なりに計画を立てて進める能力があれば、たとえ未経験でもやっていける仕事ですので、Webデザイナーになりたいと思っている人がいたらきちんと準備をした上でチャレンジしてみましょう。

 

やりがいのあるwebデザイナーになるには

デザインという形で自分の作ったものが成果物として残りますので、やりがいのある仕事として人気があります。

良い作品を作ることができれば世の中に発信して多くの人に見てもらうことも可能ですし、仕事をこなしていくうちに自然とデザインのスキルが向上してスキルアップをすることもできます。

webデザイナーになるには基礎知識は詰めておこう

転職をする際にはデザインやレイアウトに関しての基本的な知識を押さえておいた方が良いので、自分で学べる範囲のことはどんどん学んで吸収していくことが大切です。

覚えておきたいことは諸々ありますが、習得できるまでには時間がかかる項目も多いので、未経験者で応募するのなら少し効率のい方法を考える必要があります。

採用を勝ち取るためにはただ単に憧れているだけでなく仕事としてやっていきたいという気持ちを伝えなければなりませんので、具体的に努力していることをアピールすることを考えます。

webデザイナーのソフトは使いこなしておく

Webデザイナーの多くは業務用のツールとしてPhotoshopを使用していますので、Photoshopの基本操作をマスターしていると本気度が伝わりやすくなりますし、Illstratorを勉強するのもおすすめです。

各企業がどのようなレベルを求めるのかによっても対策は違ってきますが、何の準備もしていないような段階なら手始めにPhotoshopを使いこなせる状態になっておくと有利に働く可能性が高くなります。

仕事として携わった経験がないためにスキル面でのアピールをすることができませんので、Webデザイナーとしての資質があることをアピールすることも大事です。

日頃から情報収集する癖をつける

こういった仕事では常に世の中の動きをインプットして新しい情報や技術に関しても敏感でなければなりません。

ですから、日頃からトレンドをチェックしたりスキルの習得を行ったりといった努力を自ら率先して行えるような人物であることを伝える必要があり、それに伴うような行動が求められます。

コミュニケーション能力も評価される

専門性の高い仕事ですのでスキルの面にばかり目がいってしまいますが、意外と重要になるのがコミュニケーション能力です。

Webデザイナーには顧客のニーズを上手く汲み取るヒアリングの力と自分の提案を分かりやすく伝えるためのプレゼン力も大事です。デザイン力に優れていてもコミュニケーション能力に難があると転職がいかないことも多々ありますので、未経験の人がアピールする場合にはこの辺りを狙っていくと良いかもしれません。

転職先を探す時には、実務経験なしでも応募可能と書かれていることを必ず確認することも忘れないようにしましょう。

最初から経験者しか採用するつもりのない企業もありますので、そういうところに応募書類を送ってしまうと無駄な時間を過ごしてしまいます。未経験OKの場合も何らかの条件が記載されていることが多いので、応募要件に合っていることを確認してから書類を作成して送付することも重要です。

周囲にWebデザイナーがいたら詳しい話を聞いてみるのも良い方法であり、有益なアドバイスを受けてから準備をすることで効率の良い動きをすることができ、ツボを押さえた転職活動が可能になります。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング