未経験

webデザイナーのなり方 | 未経験からでもwebデザイナーになれます

職務経験がなく未経験であってもwebデザイナーになる事は十分に可能です。

では、未経験からwebデザイナーにはどうすればなれるのでしょうか?

MIYUKI
MIYUKI
この記事では未経験からwebデザイナーになる具体的な対策をアドバイスします♪

 

未経験からwebデザイナーになるには

先ほども言いました、未経験であってもWebデザイナーになる事は十分に可能です。

経験無しでWeb業界で働くにはWeb制作会社に入社するのが良いでしょう。正社員の場合は経験者を優遇する応募条件が多いですが、契約社員やアルバイトとして入社すれば、webデザインを行うのに必要な技術や知識を学びながら働く事が出来るのがメリットです。

webデザインを行う専門職であるWebデザイナーは、特に資格試験などを受ける必要がありません。

しかし、近年では新卒採用からですと美大出身者が多く採用されているケースがありますので、webデザインを学べるスクールで技術を学んできた方が職場探しがし易いでしょう。

マークアップ言語の習得や色に関する知識などを持っていますと未経験からの採用の確率が高まり、希望するwebデザイナーへの道が開けます。

Web制作会社への入社以外では、Webデザイナーなどを派遣している派遣会社に登録して仕事を得ていくという方法があります。

この場合は、派遣会社によっては派遣先での仕事に対応出来るようにトレーニングやセミナーなどを受講出来るようにしていますので、このようなサービスを活用して実力を養いながらWeb業界で働く事が可能です。

 

webデザインの勉強は専門学校?独学?

webデザインの勉強を行うには、独学で行う方法と専門学校で学ぶ方法があります。独学で学ぶ場合にはHTMLやCSSやJavaScriptのリファレンスページで学んだり、webデザインの事を話題にしているサイトで学んだりといった事が出来ます。

一方で、専門学校で学ぶ場合は、Webに関するコースが設けられていますので、このコースを選択する事で体系的に学んでいく事が出来ます。

講師に現場で活躍している人を呼んでいるデザインスクールであれば、デザインの仕方や考え方なども学べますので、より現場に直結した技術と知識を学べるのが良い部分です。

仕事などで時間的に追われている場合には独学という方法も考えられますが、デザインスクールは夜間部も設けていますので、これを活用すれば仕事をしながら体系的にwebデザインの知識や技術を学べます。

常に新しい技術や新しい考え方、デザインのトレンドが変わってくる業界ですので、最新のトレンドを知るという事は重要です。

Web業界では、デザイナー以外にもプログラマーやプロデューサーなどとも連携を取りながらプロジェクトを進めていく必要がありますので、Webデザイナーがどのような役割を担っているのかを知っておく事も必要です。

 

未経験で面接を成功させる大事なポイント

Web制作会社が実施している入社試験を受けにいった場合、面接が行われますが、この面接の成否が入社出来るかどうかの大きなポイントとなってきます。

未経験者が面接で成功させる大事なポイントは、今までどのような仕事をしてきて、それをどのように活かせるのかという事、Webデザイナーとしてどのような活動をしたいのかという事を明確に答えていきます。

会社に入ってから様々なプロジェクトに参加する事になる機会が増加しますので、技術面の向上は必要ですが、どのようなシーンでも対応出来るようにしておく事が必要です。

面接を成功させるには、仕事に対するやる気と情熱を伝えて、会社で今後Webデザイナーとして活躍する為の意気込みと一緒に仕事をする同僚との調和を言葉と態度で示していく事が大切です。

業界の経験が無いといったビハインドをカバーするには、熱意と情熱を面接時に出し、将来像を膨らませながら今自分が出来る事と足りない部分をどのようにして補い、能力と経験を築き上げていくのかを示していくと良いでしょう。

しっかりと未来像を語りながら成長していくというニュアンスを面接官に伝えるように工夫して言葉を選びながら答えていく事が大事です。

 

webデザイナーの仕事のやりがい・魅力

webデザイナーは、企業サイトなどを決められた仕様書の通りにデザインしていく仕事ですが、近年ではスマートフォンやタブレットなどのように一般ユーザーが使う端末の種類が増えており、パソコン向けのブラウザで表示するwebデザインだけでなく、スマートフォンやタブレット向けのWebデザインにも対応していかなければいけません。

webデザイナーの仕事のやりがいは、時代のトレンドを取り込みながら企業サイトのデザインに携わる事が出来る点です。

HTML5やCSS3などのように新しいWeb技術の規格が登場して広く浸透しており、毎年webデザインのトレンドも変化しています。

webデザイナーは仕様書の通りにデザインを興していくだけでなく、新しい技術やトレンドについてもネットなどを活用して知っておく必要があり、企業の宣伝に役に立てるといった部分がこの仕事のやりがいであり、魅力です。 webデザイナーの中にはwebプログラマーを兼任しているケースもあります。

また、経験を積む事でプロデューサーやプランナーとして活躍する事もありますので、webデザインに留まらず、その経験を活かして広く活動していく事が出来るようになってきます。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング