悩み・疑問・理由

webデザイナーから別業種へ転職しやすい時期はいつ?

 

 

別業種へ転職しやすい時期はいつ?

別業種への転職は、企業側が人材確保に本格的に動き出している時期が良いといえます。具体的には2月や3月が最も良いと考えられています。

面接を行う際には、企業側にも都合が存在します。面接をやるにしても、人材確保に関してきちんと力を入れなくてはいけません。

確保した人材を教育したり指導しなくてはならず、そのためのガイドラインを作成して方針を示す必要があります。転職を考えるときには、転職をする人物の都合だけを考えてしまいがちになりますが、大切なのは企業側の都合です。

企業が面接を行いやすい時期を抑えておけば、他の時期と比較して転職しやすいことに違いありません。これは、どの業種であっても同じです。

反対に、企業側の業務が忙しくなっている時期は転職の時期ではないと判断できます。例えば、お盆であったりお正月であったりすると、企業側も実質的に営業をすることが難しいわけですから、その前後での面接や就職はあり得ないとわかります。

確かに、転職に向けて準備をすることはとても大切です。

事前にきちんと準備していれば別業種であっても面接に通る確率は高くなります。ただ、それは企業側の転職をする人材の方法の準備が整っている前提ということを理解しておく必要があります。

 

webデザイナーからどんな業界に転職できる?

webデザイナーから違う業界に転職するときには、そのデザイン性を活かした職業に転職することが大切です。例えば、クリエイターです。

webに存在するサービスには様々なものが存在しますが、実はweb上のデザインとクリエイトには多くの共通点があります。

例えば、サイトを作成していくときの手法です。webデザイナーとは言っても、その業務の範囲は多岐にわたっています。

単純に、専用のイラスト専用のソフトを利用してデザインを担当することもありますし、web上のコンテンツを充実させるためにデザインを担当することもあります。

webクリエイターも同様で、プログラムを担当することもあれば見た目のデザイン性を向上させるためにサイトをクリエイトしていくこともあります。

二つには共通点が非常に多く、デザイン性を有した人材はクリエイトの世界でも重宝される可能性は非常に高いです。そのため、こうした業界に転職する人はとても多いです。

実際に、サイト上のデザインの作り方はプログラムでも単純なデザインでも両方可能です。どちらのやり方も知っておけば、仕事を依頼されたときに応用力のある人材として会社からも重宝される可能性が高くなるでしょう。

 

webデザイナーで別業種に転職する理由

webデザイナーから別業種に転職する理由としては、労働条件の改善やキャリア視点の相違が考えられます。特に、労働条件に関しては改善ができる可能性があります。

webデザイナーは、報酬がある程度一定に決められている事情があります。これは、webサイトのデザインに単価が存在するからです。

例えば、webデザインを担当している企業に対して仕事を依頼した場合、その仕事に対する依頼料というのはサイトのページ数に応じて考えられることが多いです。

デザインを担当するページが何ページ存在するのか、そのページに対してどの程度の時間がかかるかによって料金が決まっています。

つまり、仕事によって決まっている単価がわかりやすいのです。この場合、複数で会社経営を行っているときには一人当たりに対して当てられる報酬も一定に決まる傾向があります。

一方で、例えば別業種であるwebクリエイターになると担当するプログラミング言語によって非常に単価にばらつきが存在します。

これは、海外のwebサイト構築に貢献するより顕著になります。流行のwebクリエイトが可能ならば非常に大きな金額になることもあるため、こうした理由で転職をする人も多いです。

 

webデザイナーから転職するなら希望条件をはっきり決めておこう

webデザイナーから転職をする際には、本人の希望条件はしっかりと記載しなくてはいけません。webデザイナーの時に担当したサイトなどが存在すればそれを実績として掲載させて条件を書くと良いです。

そうすることで、相手への印象は良くなります。

それだけではなく、転職希望を描くことは企業の採用判断をしやすくなるという大きなメリットがあります。

そもそも、転職希望者を受け入れている企業は、現状で人材不足に陥っていることが容易に想像できます。

企業側で人材が不足していないのならば、中途で人材を雇う必要性は全くないからです。

そして、こうした企業というのは入社してくれる人材に対してある程度の戦力を求めている傾向があります。

webデザイナーならば一定の知識が存在すると期待されますので、自分がどの程度の知識で仕事に携わることができるのかを書いておくのがとても大切です。

また、希望条件を決めておかないと再度転職をしなくてはいけない状況にもなります。労働条件や業務内容に満足がいっているのならば、わざわざ転職する必要はありません。

転職をすると、今までの条件が全て無くなって一からのスタートになりますので、目標を決めてそこに向かっていくことがとても大切になります。

 

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング