悩み・疑問・理由

webデザイナーの限界年齢は何歳まで?辞めた後はどうしたら良い?

 

 

webデザイナーは何歳まで働ける?

webデザイナーはセンスや個人的な能力が必要になる仕事ではあるものの、肉体労働ではないので、働ける年齢には限りはなく、定年を設けている企業ならばその歳まで、再雇用や無期限の再雇用制度がある企業ならば生涯働き続けることができます。

これは雇われているデザイナーのはなしであり、個人的に仕事を請け負っている自営業者の場合には、定年もなく生涯現役で活躍し続けることも可能です。

もちろん仕事を続けて行くためにはそれなりの向上心を持つことと、知識の習得を忘れてはなりませんが、志を高く持ち続けて働いている人の場合には、いつまで働いていてもつかれることのない仕事でもあります。

定年の年齢になっても、それから先他の会社で働くことを希望する方がいたり、スキルを活かして独立する人も少なくないのが実情です。

依頼されたデザインを忠実に再現できる優秀なデザイナーの場合には、年齢に関係なく働くことができますから、生涯現役で仕事を続けたい方にとってはかなり相応しい仕事の一つです。

webデザイナーは事実上定年の歳や、再雇用の上限年齢は働き続けることを希望しても問題はなく、何歳になっても活躍し続けることは可能な楽しい仕事です。

 

 

働けるwebデザイナーに年齢制限がない理由

働けるwebデザイナーに年齢制限がないのには大きな理由があり、この仕事は所謂年功序列の仕事ではなく、完全な実力主義成果主義の仕事であるからです。

年功序列の職場の場合にはどんなに有能な人材で、優秀な人でも、上の人が引退するまでは活躍できるポジションを与えられることはありません。

しかしwebデザイナーでは新卒から働き始めた人でも、頭角を表し他の人よりも優れた能力があると判断された時には、どんどん上昇しトップのデザイナーの仲間入りを果たすことが可能です。

webデザインの世界では誰が何処で働いてきたのかではなく、どのような仕事をしてどのような実績を残したのかが鍵になって来るので、求められているデザインを難なくこなすことができている人ならば、いつでも仕事が与えられる状況にあります。

たとえ若年者であろうとも、高齢者であろうとも働けるのがこの仕事の良い所なので、実力主義の社会に憧れている方には最適な職種です。

事実、若手で素晴らしい実績を残していたり、高齢者でも最前線の現場で働いている例も少なくはないので、働けるwebデザイナーには年齢制限が存在せず誰でも自由に活躍することも、し続けることも可能です。

 

Webデザイナーを10年後も続けるために必要な考え方

年齢に関係なく働ける仕事ではありますが、毎日をなんとなく過ごしている方には不向きです。

何故ならばwebデザイナーは時代の変化に敏感でなくてはならないからです。現在と同じ仕事をし続けていても、いつかは仕事がなくなってしまうという危機感を持ち続けなければ、どんどん優秀なwebデザイナーに追い越されてしまいます。

IT業界では人手不足が深刻になっていますが、デザインはむしろ供給過多になっているので、同業者内での競争が激しく、斬新なデザイン性と、その時その時に合わせた時代を読む力が必要になります。

10年後もこの仕事で働き続けたいなら、仕事をしている時間以外にも仕事のことを考えて、求められるデザインは何なのかを自分なりに考えていく必要があります。

webだけでなく色々なものの造形を眺めてみたり、ファッションデザインや建築デザインなど、領域にとらわれない研究と探究心が必要です。

現在生き残っている優秀な人たちは、常に切磋琢磨することを考えている人ばかりなので、多様なサイトデザインを構築することができ、その臨機応変さが業界から求められているスキルです。仕事を続けるためにはどの業界でも努力が必要ですから一生勉強することを覚悟しましょう。

 

未経験のWebデザイナーの転職は何歳までか

未経験からwebデザイナーの仕事をする場合には、遅くても35歳くらいまでには業界経験を身につける必要があります。

この上限年齢はあくまでも目安ですが、他の職種の転職でもだいたい35歳を上限にしているので、これ以上の年齢になってくるとかなり厳しくなります。

もちろんアルバイトから経験を積んでいった方の中には、これよりも上の歳から働き始めた人もいますが、並々ならぬ熱意と努力が必要です。

若年者で今の仕事から転職を希望している方は、なるべく早めに転職を考える必要があります。

若ければ若いほど未経験の人材でも雇用してくれるケースが多いので、大学や専門学校を卒業して間もない方にはそのチャンスが多く残されています。

人材不足が深刻な企業では定年の年齢を上限に採用してくれる例がありますが、そのような例はまれですので、35歳あるいはその前後が最後の挑戦できる年齢だと考えても間違いはありません。

それ以上の年齢で転職をするとなると、必ずwebデザインの仕事に従事してきた実績が必要になるので、アルバイトでさ経験を積んでから就職するか、個人で仕事を請け負ってから、他の会社に転職するかいずれかの方法が必要になってきます。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング