悩み・疑問・理由

webデザイナーから異業種へ転職する努力する3つの事

 

 

どんな仕事をしたいか真剣に考える

webデザイナーからの転職を考えるときのポイントの1つが、理由を明確にするという点です。特に異業種へ転職を検討している場合、どのような仕事がしたいのか考えることが必要不可欠です。

働きたい仕事内容に応じて、適した求人の探し方が異なります。

そのため自分がやりたい仕事を考えたうえで、具体的な転職活動について考えていくことを忘れないようにしましょう。

目的がない転職活動の場合、自分がやりたいことがわからず適当に仕事を見つけて後悔するリスクが高くなります。

働き始めてから後悔しないようにするためにも、何がやりたいのか考えたうえで仕事を探すことが大切です。また仕事内容から選ぶ場合でも、同じような仕事ができる職種がほかにないか広く情報を集めることも忘れてはいけません。

具体的にやりたい仕事を考えていくうえでポイントになるのが、さまざまな職種や業界に関する情報を集めることです。今までwebデザイナーの仕事しかしてこなかった方の場合、異業種に詳しくないという方も多くいます。

詳しくない業界で働き始めると、イメージとのギャップで後悔するリスクも高くなります。

後悔するリスクを少しでも下げられるようにするためにも、イメージとのギャップを減らせるように情報収集が欠かせません。

 

転職しやすい時期を見極める

転職活動を始めたものの、面接を受けても採用されないことが続いて後悔してしまう方も多くいます。

ですが不採用が連続する場合、自分の能力が低いことが原因ではなく転職活動を行う時期が間違っている可能性もあります。そこで転職活動を行うのであれば、どのような時期に動くのがベストなのか把握しておきましょう。

例えば4月ごろであれば、企業は新入社員研修などで忙しい時期です。そのような時期は、中途採用は行っていないというケースも多く見られます。

一方で6月くらいになると、9月入社の社員を募集していることもあります。夏のボーナスを受け取ってから辞めようと考えている社員も多いため、夏に退社した人材を秋に補充しようと採用活動を行っているかもしれません。

中途採用の募集が多く出ているシーズンを見逃さないことで、条件の合った仕事を見つけられる可能性が高くなります。

またGWやお盆休みなどの時期は、今の会社の仕事が休みなので転職活動がしやすいと考える方もいるでしょう。

ですが自分が休みということは、企業の人事で働く方も仕事を休んでいます。そのため長期休みのシーズンは中途採用を行っていないというケースも多いので注意が必要です。

 

転職する際は会社に早めに相談

転職を考えているとき、新しい職場のことにばかりが気になって今の仕事の引継ぎなどの点について忘れてしまう方もいます。

ですが社会人としては、今の職場を円満に退社するためにより良い対応をすることが求められます。 まず注意しなければならないのが、転職をすることを会社にどのようなタイミングで伝えるのかという点です。

例えば来週仕事を辞めると言われても、引継ぎなどの対応があるため急に辞めると同僚に迷惑をかけることになります。

そこで転職を考えているのであれば、早めに会社に相談することを忘れないようにしましょう。

例えば7月末に退職を検討しているのであれば、5月から6月末くらいまでには直属の上司に伝えておくことが大切です。

特に引継ぎに時間がかかりそうな仕事をしている方の場合は、早めに伝えることを忘れてはいけません。

シフト制になっているような職場の場合でも、同僚に迷惑がかからないような対応を心がけましょう。 転職するのは自分の都合だけで問題ないと考えている方も多くいます。

ですが会社という組織で働いている場合、自分の都合だけでスケジュールを決めると迷惑がかかります。そのため退職日も自分の希望を伝えたうえで、上司と相談しながら判断することが大切です。

 

転職に失敗してもフリーランスで生きる選択肢もある

転職活動を始めたとしても、思うように再就職先が決まらないという方もいるでしょう。

次の職場が決まらないため、条件の悪い職場でもあきらめて働こうと考える方もいるかもしれません。

ですが条件の悪い会社で無理して働くのではなく、フリーランスで生きる選択肢を探ってみることも大切です。

フリーランスで成功できるのは、一部の方だけと考えている方もいるかもしれません。

ですがwebデザイナーとして培ったスキルを活かすことで、フリーランスとして働いて生計を立てられる可能性があります。

またフリーランス=自分で営業をして仕事を取ってくるのが面倒と考えている方もいるでしょう。

実はクラウドソーシングを利用すれば、営業が苦手な方でも働きやすい道を探ることが可能です。

フリーランスという働き方には、自分の好きな時間帯に働けるなどのメリットがあります。

思うような転職先が見つからない場合には、勤め人ではなく自分らしく働けるフリーランスという道を考えてみるようにしましょう。

webデザイナー以外の道を探したい場合でも、webライターとして働くなどフリーランスでさまざまな働き方を選択することが可能です。

クラウドソーシングでできる仕事の種類は豊富なので、自分の興味のある分野で稼げるチャンスがあります。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング