悩み・疑問・理由

webデザイナーが転職しやすい時期とは?

 

 

【求人が多い】webデザイナーの転職に向いている時期

一般的に、webデザイナーの転職に向いている時期は2月中旬から3月中旬までと考えられています。

これは、年度末によって会社側で様々な業務を行わなくてはいけなくなる時期だからです。学生や社会人は年度末になると別場所に移動しなくてはならないことが多いです。

単純に引っ越しをしてその会社で働くことができなくなる人もいますし、転勤になってしまって移動しなくてはいけなくなる人もいます。

実際に、新卒を採用する時期を考慮するとこの時期が最も転職をしやすい時期と考えて間違いありません。会社の中で人材が不足する時期であることが多いため、この時期での転職は有利に働く可能性があります

また、ボーナスの後の時期に関しても転職に向いていることが多いです。これも、ボーナスを得た後に退職をする人材が一定数存在するからに他なりません。転職活動を行う人は、現在の職場関係に何らかの不満を持っていることがあります。

給料や待遇で不満を抱えている人が多い分、きちんとお金を貰った後に辞めることを考える人も多いです。同じような時期にこうして転職活動に動く人がいますので、実際に転職活動を行う際には誰よりも早く準備をする心構えが必要になります。

 

webデザイナーの転職に向いていない時期

webデザイナーの転職に向いていない時期は3月下旬から4月下旬です。

この理由は明白で、既に会社側で新卒採用の時期が過ぎてしまっているからです。

高卒や大卒の人達を雇う会社側のことを考慮するとわかりやすいですが、3月下旬には新社員の入社式が終わって新しい生活が始める時期です。

その後の1ヶ月は新人研修などが存在する時期でもありますので、こうした時期に転職をすると入社する先が存在しなくなるので注意が必要です。

また、8月中旬から9月にかけても転職活動には向いていない時期だと考えられます。これは、長期休暇のお盆休みが存在するからです。

この時期は、日本準のほとんどの会社が営業を行っていませんので、夏の前に転職を探すと上手く転職先を見つけることができなくなってしまう可能性があります。

夏の前には、会社側もお盆の前に溜まった仕事を消化していかなくてはならないので転職をする人の面接に構っている時間がありません。

似たような理由で、お正月の時期も同様です。基本的に、会社側にとって面接活動を実施しにくい時期というのは転職に向いていないので覚えておくことが大切です。無理な時期に転職をしても、良い会社を見つけにくい欠点があります。

 

経験が浅い求職者でもチャンスの時代

昨今は、経験がそれほどない転職者の人でも転職がしやすい時代です。

これは、有効求人倍率の推移を見ても明らかです。近年の企業は、景気の回復によって会社にやってきてくれる人を求めるようになっており、しかもその人材の数は常に不足している状態になっています。

つまり、企業にとっては供給力不足の状態に常に陥っているのです。優秀な人材は、フリーランスなどによって自分だけで経営を行っていくことができる時代になりましたし、一つの会社にずっと働き続ける時代では無くなりました。

ですから、起業は常に新しい人材を求めている現状になるのです。

従来までは、人材をそれほど求めていない時代だったので、やってくる人材に関しては即戦力が求められました。すぐにでも働くことが出来て、かつ実績が存在する人材が求められたわけです。

しかし、景気が回復して企業側にも余裕が出てきましたので人材を一から育てていくことを目指す企業も増えてきています。実際に、国の方も新しく人材を確保して人材育成を行う企業に対しては、一定の条件のもとに補助金を支援するようになっています。ですから、転職をするとはいっても必ず実績が考慮される時代ではなくなったのです。

 

転職時期と退職のタイミング

転職時期と退職のタイミングは非常に大切です。

転職をするということは、現在働いている会社を退職して別の企業に勤めることを考えることになります。

言い換えると、現在得ている収入はすべてなくなってしまう可能性があることです。転職で重要なポイントは、転職先を探したとしてもすぐに転職先が見つかるかどうかがわからないことです。

確かに、労働条件を特に考慮しないのならば再就職先を簡単に見つけることもできます。しかし、自分が望む条件の転職先を求めると考えると、やはりそれ相応の時間が必要になります。

ですから、転職時期と退職のタイミングは一緒に考えないようにしなくてはいけません。タイミングとしては、再就職先をきちんと見つけることが出来てから、退職をすることが好ましいです。

転職先で面接を行い、自分が望んでいる条件だと分かれば、すぐに退職をしたとしてもまた新しい会社で仕事を行うことができます。

こうした条件に合致していないのならば、退職をしたとしても転職を行うことができるかどうかがわかりません。

そのため、転職時期と退職のタイミングをきちんと見計らって、両者に金銭的なタイムラグが生じないように工夫をする必要があります。

 

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング