悩み・疑問・理由

webデザイナーの需要と今後の将来性について

webデザイナーはwebサイトをデザインする人のことを指します。

職業としてはやや漠然としたところがあり、実際になにをやっている人なのかわかりにくいですが、インターネットのwebサイトやホームページなどを作る人と考えて問題ありません。

webデザイナーは今後も需要のある職種

webサイトやホームページの良し悪しはそれを最初にデザインするデザイナーによって決まりますから、webサイトを作る上では重要な職業といえます。

その一方でその仕事の内容はさまざまです。

webデザイナーの仕事内容はどんな感じ?

主な仕事の流れとしては企業や個人などwebサイトなどを作りたいクライアントからの依頼を受けてwebサイトの制作を行うというものになります。

単純なものですが、実際のところその仕事の内容はデザインだけを行って細かいところはすべて外注するといったことから、デザインからコーディングまでをすべて自前で行うといったところもあります。

いずれにしてもwebサイトを作る作業としては構成とレイアウトを決めることからスタートし、それらの骨格をもとに絵としてデザインをしていき配色などを決定していきます。

この時点でwebサイトのデザインは決まった状態であり、それらを元にしてwebサイトを構成する言語のHTMLやCSS、JavaScrioptを使ってコーディングしていきます。

コーディングは最終的な仕上げとも言えるものですから専門のプログラマーが行うことになりデバッグなども行う必要があります。

会社によって仕事内容は変化する

小規模なものであればこれらの作業を一人でも十分に作ることができますが、大規模なものになるとデータベースとの連動などが必要になってくるなどデザイナーとしての域を超えてきますから分担作業が中心になります。

しかし最初の構成やレイアウトを決めることや配色など最終的なデザインの決定はwebサイトを成功させる上でも重要であるためデザイナーの良し悪しが、やはりサイトの成功に直結してくるものです。 このように重要な役割を果たすwebデザイナーですが、webデザイナーになるためには特別な資格はありません。

webデザイナーはどんな企業・会社で働ける?

知識とスキルがあれば誰でも行う事ができるものです。

就職の場所としてはweb制作会社になりますが、制作会社といっても大小さまざまに存在しており、これと決まったものはありません。

それに集客する力があれば個人で独立しても十分にやっていくことができるものであり、独立開業している人も多くいます。これは経験と実績がものを言う職業であるためで、雇われるにしても自力でお客を見つけてwebサイトを作るといった場合にしても、そのセンスが重要と実績になってきます。

このため過去に制作会社に就職していて携わってきたプロジェクトや、デザインに必要な資格などを有している場合などには就職や転職するさいやお客を見つけてwebサイトを作れるといった説得力を付けることができるので有利に働きます。

webデザイナーはデザイン以外の知識も必要

一方でwebデザイナーは単なるデザイン以外にもHTMLやCSSに関する知識も重要であり、これらを習得していると強みになります。

制作会社に入ってwebデザイナーと働くのであれば、その他のスキルはそれほど必要とされないケースもありますが、独立してやっていくためには一定の営業力が必要になるなどデザイナー以外のものも必要になってきます。

今後はより高いスキルやセンスを求められる時代

webデザイナーの需要は、web業界の拡大によって高まっていますが、求められるスキルやセンスはより高度になっています。

特にデザインだけ行うといったことはほぼなくHTMLやCSSなどプログラミングの知識も求められますし、文章についても一定の経験が必要になってきます。

実際の制作ではプログラミングはプログラマー、サイト内の文章はライターに任せることになりますが、webデザイナーはこれらを統括できるだけのスキルを持って言う必要があります。

将来的にwebサイトがなくなる事は限りなく薄い

将来性としては制作会社によって変わってきますが、未来においてもwebサイトが無くなるということはありませんからwebデザイナーという仕事は残り続けるといえます。 webデザイナーの年収は雇用形態によって変わってきますが、平均的な年収は300万円から400万円程度です。

ただweb制作会社そのものがさまざまな種類があり、小さいながらも自力でクライアントを獲得して経営しているようなところから、大手の下請けを主に行っているようなところなどがあります。

スキルを高めればキャリアップも狙える

また給与もスキルによって変わってくるところもあり、プログラミング技術を有している場合や検索エンジンからの集客を最適化するSEO対策などの技術を理解し、実際にそれらを生かして実績に繋げられることによって昇給が見込めます。

webデザイナーはデザインが中心ですが、より経験を積みさまざまな分野に対して精通するようになればwebディレクターやwebプロデューサー経とスキルアップすることができます。これらは役職が付くようなものですから年収も大幅に上がります。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング