悩み・疑問・理由

【転職する?】webデザイナーに向いてる人、向いていない人

webデザイナーに転職を検討しているのであれば、向いている職種であるかどうかを考えることが大切です。

仕事として続けていくなら、適性があることは非常に重要なポイントになります。

 

webデザイナーに向いてる人の特徴

多くの人が適性を問われて挙げるのは、高いデザイン力を有していることです。

たしかに優れたデザインを行う実力があることは重要ですが、それは必ずしも大きな要素ではありません。デザイン力が抜群であっても、仕事としては向いておらず長く続けられない場合もあります。

逆にいうとパソコンを操作する基本的なスキルさえあれば、デザインの技術が未熟な人にもチャンスはあるということです。どちらの場合でも、向いているか一度しっかりチェックしておくことが大事です。

webデザイナーとして活躍する多くの人に共通している要素があります。

問題を解決するアプローチを考えることが好きなこともその一つです。よくアート作品とwebデザインを混同している人がいますが、両社は全くの別物なので注意しなければなりません。前者は芸術的な創作物であって、自由な発想に基づいて行われるものです。

後者は基本的には好き勝手に行うことはなく、依頼主の要望に基づいてコンセプトを固めていきます。依頼する人は何らかの課題を抱えていて、それを解決するための方法としてwebを活用したいと考えているのです。

たとえば顧客が少ないので集客力を上げたいと願っていたり、会員への告知を分かりやすく行いたいと望んでいたりします。 そのためwebデザイナーは人の悩みをしっかり理解する力が必要です。

十分に理解しないままデザインをすると、見当違いの作品を納品することになってしまいます。まず課題をしっかりヒアリングして、それに対して解決策としてのデザインを提示しなければなりません。

したがって障害を取り除いて物事を効率化することが好きな人や、難題があると解消する意欲が湧いていくる人は仕事に前向きに取り組めるでしょう。

コミュニケーションによって得た情報を材料として、自分のデザインで課題を解決していくことに楽しさを覚えるケースも珍しくありません。 また、黙々と作業に没頭することが得意な人も向いています。

webデザイナーは黙々と作業する事が多い

デザインのコンセプトを決めてから作品を完成させるまでの作業は孤独との戦いといっても過言ではないです。

コツコツと地道な作業をひたすら続けなければなりません。華やかな職業と解釈している人も多いですが、仕事のほとんどは根気よく微調整を繰り返す作業です。

色合いを少しずつ変化させたりノイズを一つずつ除去したりするなど、同じ作業を何時間も続けるケースが良くあります。

それを投げ出さずに行える根気の良さを持っている人は、仕事として長く続けていく素養があると考えられます。 末永く続けていくなら、勉強をする姿勢を持っていることも非常に重要です。webデザインの世界にゴールはありません。

使用されるソフトや技術は日々刻々と進化しているので、常にそれらを学ぼうとする姿勢を持っていないと取り残されてしまいます。

書籍で学んだりセミナーに参加したりするなど、さまざまな方法で自分を磨かなければなりません。そのため努力することをいとわない人も向いていると考えられます。

それは勉強に限った話ではないので注意してください。

webデザインには流行があるので、それを把握しておくことも求められます。

いろいろなサイトを見ることを習慣にするなど、常にアンテナを張っておくことが肝心です。街に出たときは看板などもチェックするなど、常に新しい情報を仕入れることも意識しなければなりません。いろいろな対象に興味を持てる性格だと、努力することを特に意識しなくても効率よく行えるでしょう。

 

webデザイナーに向いていない人の特徴

反対に上述の素養がない人は、webデザイナーに向いていない可能性があります。課題を解決する意思がない人は依頼主を満足させられませんし、黙々と作業を行えない人は作品を仕上げられません。

新しい情報をもとに自分磨きができない人は、古くさい作品を作り続けることになるでしょう。このように適性がない人にもいろいろなタイプがありますが、特に大きなポイントとして挙げられるのは時間の管理を行えないことです。

そのような人が仕事として続けていくのは非常に困難です。職場の人数や方針などにもよりますが、多くの場合は一人で複数の依頼を担当することになります。そのため一つの依頼に時間をかけ過ぎていると、他の作品の納品に間に合いません。

もちろん上司が大まかな管理は行ってくれますが、作業の細かな進捗は常に自分で管理する必要があります。完成させるクオリティをまず決めて、それに向けてどれぐらいの時間を要するのか推測しなければなりません。依頼を受けるたびに行いますし、進行中の依頼についても見通しの修正を行います。そのため時間を気にせずに怠慢に過ごす習慣がある人は、あまり向いていない可能性が高いです。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング