悩み・疑問・理由

Webデザイナーは何年ぐらいで転職できるか?

 

webデザイナーは何年で転職するようになる?

webデザイナーとして就職したけれども、別の会社に転職をしたいと考えるときもあります。

そこで問題になるのは、転職活動をしても採用されるかどうかわからないということです。中途採用をするのであれば、やはり即戦力となることを期待するのでそれなりの技術と経験が要求されます。それに一つの会社に長くいることが出来ない人間も避けられがちです。ですから、数ヶ月の短期間で転職をしても、良い職場で働くことは難しいでしょう。

一般的な転職では、3年は実務経験を積まなければ転職は難しいとされています。ではwebデザイナーとしてどこでも通用する力をその3年でつけることができるかというと、webサイトをつくるために必要なソフトを使いこなせるのはおよそ1年位の実務経験があればよいといわれています。

そこで求人情報を見てみると「経験1年以上」と「経験3年以上」という2種類にわかれます。この年数の違いは求められている技術の違いになりますから、自分の力とマッチングした求人に応募すればよいのです。

ただし、最初に会社によっては3年経ってもまだ下積み仕事しかさせてくれずに、デザインをやれないということもあります。そうなると十分な技術を習得できずに終わるでしょう。

その場合には5年や6年くらいに経験を積まなければ、転職できるだけの力と自信は持てなくなります。そんなときには独学でスキルアップをする努力も必要になります。

 

webデザイナーが転職したくなる理由とは

webデザイナーが転職を考えるのは、仕事の内容に不満があるのか職場の環境や待遇に不満がある事が多いです。

仕事の内容というのは、例えば指示された内容に応じてwebサイトをつくるのではなく、自分で考えて作業をしたい、といったことです。

これは個人で希望しても会社のやり方がそういうものでなければ難しい話です。ですから、webサイトの自社開発をしている会社に転職をすることになります。

また仕事の現場では、エンジニアやディレクターなどが作業の指揮をとって下に命令をしています。いつまでも命令される立場ではなく、上に立ちたいと望むのであれば転職をすることもあります。 職場の環境や待遇というのは、上司や同僚との人間関係が悪くなってしまったり、年収を更に上げたいということです。

webデザイナーは自宅で仕事をする人もいますが、納期に間に合わせようと上司からパワハラまがいの命令を受けたり、同僚から仲間外れにされたりといったトラブルも起きることがあります。

そういうときに我慢をしていても改善されることはまずないので会社を去るしかありません。

年収については長時間労働の割には給料が安いというのがwebデザイナーの実情ですから、少しでも多く給料がもらえるところであったり、仕事と休みのバランスが取れているところに転職をしたいというのは仕方のないことです。

 

転職する際に事前に準備しておきたい事

転職をするときには、何も考えずに行動するのではなく入念に準備をしておかなければ、仕事がない期間が出来てしまいます。

何をすればよいのかというと、やっておくと良いのが転職エージェントに登録をしておくことです。

仕事をしながらだと、求人情報を探す時間もなかなか取れないですが、転職エージェントであれば希望する条件を伝えれば、最適な求人情報を教えてくれます。それに場合によっては採用したいという会社からスカウトが来るかもしれません。

いろいろな転職エージェントがありますが、webデザイナーやクリエイターに特化したサービスを利用するほうが良いでしょう。

そうすれば希望する条件にマッチングした会社を探しやすくなりますし、サポートをしてくれる担当者も業界のことをよくわかっているので、気になる会社のリサーチや転職を成功させるために必要なことについて的確なアドバイスを貰うことが出来ます。

そうして、無事に新しい職場を見つける事ができれば、あとは今の職場に報告です。法律では退職する意志を伝えるのは、1ヶ月前までに行えば良いとされています。

とはいえ、今抱えている仕事の引き継ぎや上司などの関係によっては、それよりも前に報告しておいたほうが円満退職をしやすくなります。

 

今のデザイン業務に満足していないなら転職はおすすめ

webデザイナーは、ウェブサイトの骨格を作る仕事から画像の加工などいろいろな作業を行います。

決まった仕事を続けていくことで、技術を磨くことは出来ますが、年齢を重ねても今のような働き方ができるかわからないからwebディレクターなどの上の立場になりたい、というように考えるときはやってきます。

今のままではいけないと思いスキルアップをして、上に認められて出世をする方法もありますが、うまくポストが空いていなければ希望はかないません。

それならば転職をしてポストが空いている会社を見つけるほうが、時間も掛かりませんし確実です。もちろん上手く採用してもらえるのかという不安はあるでしょうが、独力ではなく転職エージェントの力を借りることで成功の可能性を高める事はできます。

業界としては即戦力を求めるので、経験を積んでいる人材を欲しているわけですが、同じような技術を持っているのであれば年齢が若い方を採用したくなるものです

もし、転職をしようか迷っている間に何年も経過してしまうと、それだけ競争相手が増えて採用してもらいにくくなります。

今のデザイン業務に満足していないと感じたならば、無駄な時間を過ごすのではなく、すぐに行動に移すべきです。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング