悩み・疑問・理由

webデザイナーってどんな仕事?誰でもなる事はできる?

 

webデザイナーとは一体どんな仕事か?

webデザイナーとはサイトを使いやすくデザインしたり興味が湧くようにデザインしたり等サイト制作に欠かせないwebデザインのプロです。

近年におけるネットの普及と情報端末の進化のおかげで情報の提供元であるサイトの重要性は高まっています。そのため機能性とデザイン性が常に求められるわけですが必ずしもホームページを作成できる人間がwebデザイナーではありません。

そもそもサイトの制作はそのホームページのコンテンツを充実させればさせるほど多くの人間が関わってきます。 サイト全体のデザインや機能を設定する人間や動画や音声を編集する人間、チームの作業を指揮するプロデューサーにコードの書き換えが代表的なコーディング、そして文章を作成するライターなど様々な仕事があるからです。

商品や仕事の交渉をする営業の担当者も関わってくるケースもあり、つまるところサイト制作にはチームで取り掛かる事はあり得ます。

チームで取り掛かる場合はそれぞれの得意分野が任されるものですが、webデザイナーとして生き残りたいならデザインだけでなくプログラムの習得が必須です。

複数の得意分野を持てる人間は依頼主の立場からすれば非常に助かります。実際に得意分野が特化したwebデザイナーと複数の仕事が出来るwebデザイナーの収入には差があるものです。

webデザイナーはどこから仕事を受ける?

いずれにしてもwebデザイナーの仕事は多岐に渡りますが基本的な仕事の内容は変わらず、webデザイナーは個人や法人など多種多様な依頼主からwebデザインの作成を頼まれます。この時に依頼主から注文があるかもしれないので要注意です。

webデザイナー業務の詳細

そして仕事に取り組んでいくわけですが、webデザイナーの仕事は大きく分けて3段階です。

ホームページの構成とレイアウトを決める事が1段階、ホームページの全体像の調整をする事が2段階、そしてコーティングを行う事が3段階目となります。

まず最初のホームページの構成とレイアウトについてですが、これは言わば骨組みです。 制作するサイトの内容やページ、全体的な構成や大まかなレイアウト、さらにはビジュアルのイメージを考えていきます。

この時点ではHTML化など本格的な装飾や細かい作業はしません。そういった作業に入る前に色合いやロゴの配置などを依頼主と相談しながら決めていきます。

これがホームページの全体像の調整をする2段階の内容で、骨組みに続く肉付けの工程に該当するので何度も確認作業が繰り返されるのが一般的です。調整を行ったうえで完成に向けた段階であるコーディングに移ります。

コーディングとはプログラムを書いたりデータをコードに置き換えたりする作業で、一般的にはサイトを更生する際に用いられる言語のHTMLやCSSなどが使用されます。HTMLは文章や画像を表示させるために欠かせないもので、CSSは文字サイズや色を決めるために必要です。デザイナーが任される事が多いコーディングは1段階で行ったレイアウトのおかげで配置やデザインに沿うだけですが、同時に文章やアイコンの作成も行う事もあります。

3段階目で求められる仕事の内容は依頼主によって変わるものの、先述した収入のメリットを考慮すれば様々な作成や修正に対応できる能力を身につけておけば損はありません。

 

webデザイナーは未経験でも構わない職業

一見すると職業とするには難しいwebデザイナーですが、実のところ知識さえあれば未経験でも構わない職業です。 その背景は単純で、特別な資格が必要ないからに尽きます。つまり誰でも就職できる事は可能ですがそれは条件付きです。

いくら未経験でも仕事を満足にできる知識と能力を備えていなければ話になりません。

webデザイナーに必要な能力はコーティングに用いられるHTMLやCSSといった言語になります。あとは動きを付けられるJavaScriptや画像の加工を可能にするPhotoshop、イラストに特化したIllustratorへの理解も最低限求められる能力です。

それからコミュニケーション能力も身につけておかなくてはなりません。

2段階目にあたるサイト構成の調整は依頼主と話し合いながら行わなくてはなりませんが、言うまでもなく依頼主の話に耳を傾けて希望を実現できる力がなくてはサイトの完成には程遠くになります。またチームで行う際にもそれぞれの担当を任された人間との連携は欠かせません。

このようにwebデザインは人と交流する機会が多くあるのでコミュニケーション能力は必須です。

付け加えるなら経験や実績もwebデザイナーとして生きていくにはチェックされます。 webデザイナーに限らず、あらゆる業界では即戦力になれる人間が好まれるものです。

その目安となるポイントが経験や実績で、webデザイナーの場合は過去にwebデザインやサイト制作の実績がある人間やWebスクールに通学した経験者は信頼されます。

要するにwebデザイナーになるには相応の努力を積まなくてはならないというわけです。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング