悩み・疑問・理由

webデザイナーの給料はスキルの幅によって変わってくる

webデザイナーの給料はどの様に昇給していくのか知っていますか?

MIYUKI
MIYUKI
この記事ではあまり他では聞けない、webデザイナーの給料事情をご紹介していきます♪

webデザイナーの給料事情

1つのwebサイトを作る工程には、クライアントの要望を聞きながら設計を考えるプロデューサー、クライアントの要望から見た目のデザインを考えてPhotoshopなどで実際にレイアウトをしたり画像加工をするデザイナー、デザイナーの作ったデザインをもとにhtmlファイルを作成するコーダー、要望に合わせてWeb上で動くプログラムを制作するプログラマー、アニメーションなどによって演出を加えるアニメーター(フラッシャー)などがいます。

また、これらを総括するディレクターもおり、プロジェクトの進行や予算などのすり合わせを行っています。

webデザインに求められるスキルは様々

このため一言にwebデザインと言っても必要とされるスキルは様々ですし、デザイナーの中にも得意とするデザインとそうでないデザインが分かれることによって、特色が表れることがあります。

webデザイナーは能力やセンスが給料として直結しやすい

会社にとって得意とするデザインがある場合は、長年所属しているチーフデザイナーの特色が出てくるため、このラインまで成長すると看板デザイナーとして会社にとってなくてはならない存在となり、給料も大幅にアップすることになります。

見た目で判断できるデザインに関してはクライアントからも直接評価を受ける対象となるため、能力やセンスが給料として直結しやすい職種です。

しかしhtmlのコーディングなど裏方作業となる職種に関してはなかなか評価がされにくいというデメリットがあるため、いかにしてできる仕事の幅を広げるかが給料アップのための秘訣です。

コーディング一筋で長年食べていくのは難しいため、簡単なデザインができるようになったり、PHPやperlなどのWebプログラムやスマートフォンアプリを作る技術を取得すると良いでしょう。

プログラムーは年収大幅アップを狙える?

プログラマーは業界的にも全体的に不足しており、こうした技術を身に付けることによってWeb制作会社以外でも働ける可能性がでてくるだけでなく、大幅に年収をアップさせることも可能になります。

Webはここ20年余りで急速に発展しましたが、その技術も発展に合わせて進化しました。

現在では使われていないような古い技術が急遽必要になることもありますが、キャリアアップさせるためにはこうした古い技術や様々なケースに対応できるよう幅広い知識を身に付けるか、1つのスキルで他の人に絶対に負けないようなハイレベルな能力を身に付けると良いでしょう。

スキルがあれば転職してキャリアップも狙える

スキルで大切なのは幅と深さです。

広く浅い知識では様々なケースに対応することができるため、仕事も簡単に見つけることができます。

しかし競合もたくさんいるため、他社との差別化が難しくなります。1つのスキルを極めるとその分野では高レベルな仕事ができるようになって給料も大幅にアップするでしょう。

しかし同じ技術がいつまでも使い続けられるという保証はないため、もしその技術が使えなくなってしまった場合に別の代替技術に切り替えていく臨機応変さが必要になります。切り替えることができなければ仕事が減ってきてしまい、次第に収入も落ちて行ってしまうことでしょう。

Web制作に必要なソフトはいろいろありますが、「できる」、「使える」という判断基準は人それぞれです。

転職は資格より実績が有利

それを証明するためには資格を取っても良いのですが、Web制作で必要になるソフトのベンダーが行っているような試験は実際には就職や転職にはほとんど役立ちません。実力主義な職種ですので、資格がなくても実績がある人のほうが有利になります。それを証明するために必要なのがポートフォリオです。

デザイナーであれば自分のデザインした企業のサイトを作品として保存しておいたり、コーダーの場合もコーディングをした実績として記録しておくと良いでしょう。特にソースの書き方は人それぞれで特色が出てきます。

SEO対策のできている綺麗なソースとそうでないソースによって、サイトの価値が大きく変わってきますので、自分が業務で当たったサイトは記録として残しておき、可能であればどのような点に注意をしたかなどメモしておくと良いでしょう。

Web業界は他業種と比較すると転職する回数が多いので、誰でもこうしたポートフォリオを残しておく価値はあります。同じ会社に長年勤めていても給料がアップしない場合は、別の会社に転職を検討するのもキャリアアップで必要なことです。他の会社に入ることによって別のスキルを身に付ける機会ができたり、新たな刺激を受けるチャンスにもなります。

製作会社にこだわらない方が良い理由

大手企業の中には自社のサイトを自社で運営しているところもあるため、1つのサイトをじっくり更新したい人には適しています。

Web制作会社ではたくさんの案件に携わることができますが、業務が過酷になることもあるため、スキルアップには適していても若いうちしかできないという声もあります。

将来安定して仕事をしたいのであれば、制作会社だけにこだわらずに企業の広報部なども視野に入れて転職活動をしてみると良いでしょう。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング