悩み・疑問・理由

webデザイナーの転職に不安を感じたら実践して欲しい具体策

webデザイナーとして転職することに興味があるけれど、不安があって決断できないケースもあるでしょう。

決断したけれど不安を感じて断念しようと考えるケースもあるかもしれません。転職するときは精神状態が安定しないことが多いので、自分を安心させる工夫をしておくことが重要です。

webデザイナー転職を成功させるポイント

工夫をする方法は大きく2つに分けられます。

1つ目はスキルのレベルを上げてアピール力を高める方法で、2つ目は自分を効果的に売り込む準備をする方法です。

前者には多くの方法があるので、自分に合ったものを選択しましょう。たとえば、本業を通じて技術力を高める以外にも多くの方法があります。

会社では経験できない仕事をしてみる

クラウドソーシングなどを活用して独自に依頼を受け、会社では経験できない仕事をするのも一つの手です。ただし、会社が副業を認めていないと不可能なので注意しなければなりません。

講習会に参加する

自分で講習会を見つけて参加するのも有効な手段です。

いろいろな講習会が存在するので、金銭的な余裕がない場合は所属している会社に頼んで受けさせてもらうと良いでしょう。支援してもらったのに転職するのは不義理と感じるなら、自費で参加できる講習会を見つけるしかありません。

講習会でおすすめなのは、デザイン用の新しいソフトを発売した企業が催すものです。

移り変わりが激しい世界なので常に新しいソフトの使い方を把握しておくことが求められます。特に業界のスタンダードになると予想されるソフトを熟知していると、転職において大きなアピールポイントになります。

改めて勉強してみる

基本的なことが良く分かっていない場合は参考書を使って勉強するのもおすすめです。会社では高級なソフトを使ってデザインしている人でも、自宅で同じ環境を用意するのは簡単ではありません。

そのような場合は参考書に付いているソフトを使用すると安価に抑えられます。もちろん十分な機能ではなくて制限の付いたものですが、それでも一通りの操作を覚えることは可能です。

応用力は実際に製品版を使用しないと習得できませんが、基礎的な力を身に付けるだけなら事足りるでしょう。

資格の取得にチャレンジ

スキルをレベルアップさせる取り組みの一環として資格の取得にチャレンジする人も多いです。CG検定や色彩検定などに合格していれば、スキルがあることを証明しやすくなるメリットもあります。

逆にいうと、資格を取得していないとアピールしにくのが転職における実情です。

この対策を考えることが冒頭で述べた2つ目の工夫につながります。

 

自分の作品を作る事が大事

いくら口で説明しても、デザインのセンスはなかなか伝わりません。その一方で視覚的な方法で提示できれば、すぐに把握してもらえると考えられます。

そこで重要になるのは自分の作品集を用意しておくことです。クリエイティブな職種の転職では、審査で自分の作品集を見てもらうことは珍しくありません。

このような作品集のことをポートフォリオと呼びます。 ただし当然ですが、ポートフォリオを用意するだけでは意味がありません。

作品は転職で大きな武器になる

肝心なのは中身なので、品質の良い作品を選んで用意しておくことが重要です。インターネットが普及した後に定番の方法になっているのは、作品を集めたwebサイトを作っておくことです。そのアドレスを履歴書や職務経歴書などに記載しておくことで、転職を検討している会社の担当者に作品を見てもらえます。

そうすることでセンスをアピールできますし、webサイトを作るスキルがあることも知ってもらえるでしょう。たっぷり時間をかけて作れるので、やる気さえあれば選考を有利にするための大きな武器になります。

しかしそれは誰もが分かっていることなので、ライバル達も同じ手段を取ると考えておくべきです。

他人と違う作品を作る事

満足できるポートフォリオを用意できれば不安が薄れますが、他の人と同じような内容であれば高い評価は得られません。

そこで大切になるのは、ライバル達との差別化をしっかり行うことです。初めて転職活動をする人は、どのように作れば良いのか分からないケースも多いでしょう。

そのような場合は有名なデザイナーのポートフォリオを参考にするのが得策です。自分のサイトで作品を発表している有名なデザイナーはたくさんいます。そういう参考サイトをできるだけ多くチェックすれば、どのようなポートフォリオが評価されやすいのか把握しやすいです。しかし、単純にデザインや構成を模倣するのは良くありません。

有名な参考サイトについては、会社側もチェック済みであると考えられるからです。 他人の模倣しかできない人は会社にとって魅力的な存在ではありません。

 

時代と合わせたオリジナリティ作品を作ろう

依頼主の意向や世の中の流行の移り変わりに対応できるオリジナリティを有する人が求められています。あくまでも参考にとどめておき、自分で作るときは独自性を出すことを心がけてください。

それが好評であれば面接も穏やかな雰囲気で進むようになります。最初の面接でそれが感じられれば、以降の面接に臨むうえで不安が少なくなるでしょう。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング