悩み・疑問・理由

webデザイナーから別職種に転職するメリット・デメリット

webデザイナーに就職できたが、

何年か勤務して転職したいと考え始める人も少なくありません。

  • 思っているような仕事ではなかった
  • 勤務時間が長い、休みが無い
  • 納期に追われるのがツラい
  • 常に新しい事を覚えるのに疲れた
MIYUKI
MIYUKI

上記の理由で別職種に転職する事があります。

 

webデザイナーは華やかな職業に見えるが…

webデザイナーというお洒落な職業に憧れて20代に就職したものの、30代を目前になると他職種に転職していく人が増えます。

webデザイナーが転職する事は珍しくなく、違う業界のデザイナー職にチャレンジしてみたり、自分のキャリアアップ、新しい事にチャレンジしたい、など思惑は様々です。

時には自分の意志とは関係なく転職や退職を余儀なくされる場合もあるでしょう。

webデザイナーが転職するという事は不安だらけ

実際にwebデザイナーから転職しようと思うと

  • せっかくwebデザイナーになれたのに勿体ない
  • 今から別の職種でやっていけるか不安
  • デザイナーから転職する人はどういう職業に就くのか

こんな悩みの人が多いはずです。

webデザイナーという専門職は誰でも簡単になれる職業ではありません。

webデザインを1から勉強し、専門学校や独学でコーディング、ソフトの使い方など覚えていき、やっと一人前になれる職種です。

未経験の新しい分野にチャレンジするというのは、大変な事です。

 

webデザイナーから別職種に転職するメリット・デメリット

webデザイナーから異業種に転職するメリットとデメリットを紹介していきます

別業種に転職するメリット

webデザイナーから別職種に転職するのは非常にメリットが大きいです。

なぜなら、この世の中ネットビジネスが主流となっており、自分のwebサイトを持っていない企業はほとんどありません。

企業側からすればwebデザインができる人材がいると非常に心強いですし、自分はデザインスキル&知識+新しい専門スキル&知識を手に入れる事ができるので大きなスキルアップも狙えます。

別業種に転職するデメリット

webデザイナーだけでなく、どんな仕事でも別職種に転職しようと思ったら大変です。

目指す職種にもよりますがwebデザイナーという肩書きが何処まで通用するかどうかは全く決まっていません。

例えば、現場関係の仕事で新しく働くとした場合、webデザインの知識やスキルっていりませんよね?

つまり、ここまで培ってきたモノが全く活かせない可能性もあるという事です。これまでの経験が全く無駄とは言い切れませんが、別業種に転職するとその様な事も起こります。

 

webデザイナーから別職種に転職するには何をすれば良い?

いざ転職しようと思っても、実際どうすれば良いか迷う事ってありません?

  • ハローワークに行けば良いの?
  • 求人雑誌で探すの?
  • 企業のwebサイトから求人募集を探す?
  • 転職サイトを利用するべき?

どれも間違った選択肢ではありませんが、一番スムーズに転職できるのは「転職サイト」を利用する事です。

転職サイトに登録しておけば、仕事をしていながらでも転職活動ができます。

中でも私がオススメしたいのが転職エージェントです。

転職をサポートしてくれる転職エージェントとは?

『転職エージェント』とは、自分に合った企業の求人紹介や履歴書の書き方、面接対策など、様々な転職活動のサポートをしてくれるサービスのことで、ウェブサイトから簡単な登録をすれば無料で利用できます。

通常の転職サイトだと自分で求人を探し、応募し、履歴書、ポートフォリオ作成、面接、何から何まで自分でやらないといけません。

転職エージェントは本気で転職したい人は手厚くサポートしてくれるイメージなので、本気で転職したい人はこちらをオススメします。

何事も準備しておいて損はありません。かなりのエネルギーが必要な転職活動も、転職エージェントを使えば合理的・効率的に行えるので、安心して転職活動をするためには利用しない手はありません。

しかもあなたの条件にあった新規求人や転職可能なオススメ求人がメールでお知らせしてくれるので、今すぐ転職できなくても登録しておくべきです。

まずはリクルートエージェントをみてみる

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング