転職ノウハウ

webデザイナーの面接は私服?スーツ?服装はどちらが正解?

よくwebデザイナーの面接は私服で良いと聞きますが本当でしょうか。

MIYUKI
MIYUKI
この記事では、webデザイナーの面接に着ていく服装に困っている人に向けたアドバイスをお送りします♪

 

webデザイナーの面接ってどんな感じ?

webデザイナーの面接は、他の仕事と面接内容も違うような気がしますが実はそれほど差はありません。

面接官がいて緊張をしますが事前にしっかりと練習と準備を行なっておくことで、その場の雰囲気に飲まれる心配もなく質問にも無理なく答えられて雑談などもしやすくなります。

面接でされる質問は自己紹介と脂肪理由や職務経歴書にそった実務経験の確認と自己PR、キャリアプランや仕事への価値などです。

面接官は基本的なことを聞きますが様々な方面から現在価値と未来価値、会社へのフィッティング確認をします。

ここで大切なのが最初の5分で印象が固まってくることで、それを元に内容も変わっていきます。そのため一番大切なのが第一印象で、自己紹介に関してもなぜ必要なのか採用者の立場から考える必要があります。

面接では全体的な印象確認、論理的に会話を纏められる能力があるかや紹介を聞いてから質問を考えます。

とくに中途採用だと現場主任や代表者が行なうことが多いため、応募者を機械的に判断することがないです。デザイナーだとクリエイティブの部署の代表やチームのトップデザイナーが同席したりします。

もちろん一般的なマナーは最低限の条件なので何度も練習をしておくと安心です。

 

服装にこだわりがないwebデザイナー業界

一般的な就職での面接だときちんとした服装で、身嗜みにも注意をする必要があります。

これはwebデザイナーでも同じことがいえます。

面接当日には清潔感があって襟付きの服装で清潔感がある髪型がおすすめです。 面接の担当者に良い印象をもってもらうために服装や身嗜みなどを事前にしっかりと確認して準備をしておいた方がよいです。

出来れば面接を受ける前に友達や家族などに客観的な視点からチェックをしてもらうと安心です。 一般的な仕事だと普通はスーツでの面接が基本ですが、webデザイナーの場合は私服のどっちでも構いません。実はスーツを着ていく人は少なく会社の方もそれに関しては厳しくありません。

実際に着て仕事をしている人は大変少なく、面接でかたくなりすぎます。私服でラフすぎることがなく、TPOをわきまえていて清潔感があるビジネスカジュアルな服装でいくのが最適です。

また、ジャケットは着ていったほうが間違いがありません。お洒落な私服とスーツのどっちが正解ということもないため、面接をする人が不愉快な気持ちにならずに不潔なイメージを与えないような衣服だと問題はありません。

ただ、いくらお洒落だといってもあまりにも場違いな派手な服は裂けた方がよいでしょう。

 

経歴より作品、人間性を見られる

これまでに全く経験がなくてWebデザイナーになるためには、ポートフォリオサイトと呼ばれる自分が作った作品サイトが必要です。

サーバーにアップしていてインターネットで公開されている状態で、面接官に見てもらえるように先に準備をしておきます。

このときも独自ドメインでサーバーにアップしておくとより内容も良く見えます。無料サーバーだと費用はかかりませんがどこか安っぽく見えます。 面接官は応募者のオリジナリティがある作品を求めていて、会社で必要な人材かどうかを確認しています。

ドメイン代金とサーバー代などがかかりますが採用されやすくするためにもオリジナルドメインのサイトで提出した方がよいです。

安価なサーバーなら数百円程度でも借りることが可能で、スマートフォンサイトとパソコンサイト、レスポンシブWebサイトの提出がよい印象をあたえやすいです。

これまでの学歴と経歴がわかるように履歴書と職務経歴書も丁寧に書いて、履歴書は空欄がないように志望動動悸欄や趣味なども埋めます。 デザイナーはこれまでのことが伝わる履歴書も重要なので、誤字や脱字がないように綺麗な字で丁寧に仕上げます。

間違いがないかよく確認をして何度か見なおしたほうが安心です。

 

【結論】webデザイナーの面接は私服でOK

webデザイナーの面接は一般的なものと違って服装に関しての指定はなく、硬いスーツでなくてもお洒落な私服でも構いません

実際にカジュアルな感じではなくジャケットを着て、女性だとスカートにシックな感じのパンプスなどTPOにわきまえていれば問題はありません。 ただ、服装が指定されてなく自分の手元の服だとどれを選べば迷うため、やはり無難なスーツを着る人も少なうです。

スーツを着ていると全体的にしっかりとしている印象がありますが、だからといってよれよれで汚れていたりすると逆におしゃれな服の方が印象が良くなります。

例えば、ワイシャツの袖口が汚れていたり襟が変色していたりすると、それだけでイメージも悪くなって不潔な感じがしてしまい選考対象から外れる可能性が高いです。

webデザイナーの仕事はセンスも重要になるため男性も女性も、自分のお洒落な服でばっちりと決めて行った方がセンスもあるとしてポイントが高くなったりします。

勿論、これが全ての採用する会社で行なっているわけではなくきっちりとした方がよいと考える会社もあるため、不潔でなく清潔があってビジネスなお洒落な服装をしていくのがいいといえます。

難しいときは清潔感があって無難なものを選んでおくと問題はないです。

 

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング