転職ノウハウ

webデザイナーの転職を成功させるポートフォリオサイトの作り方

webデザイナーの転職を成功させる為に一番必要な事はポートフォリオサイトといっても過言ではありません。

MIYUKI
MIYUKI
どんなに経歴や印象が良くてもポートフォリオサイトがダメだと採用されないかも…
KENJI
KENJI
そんなにポートフォリオサイトって大事なのか!?

 

面接で成功するポートフォリオサイトの作り方

ポートフォリオはクリエーターの転職資料には必須なものですが、クリエーターの転職資料以外にも様々な意味がある、様々な角度からポートフォリオの意味を掘り下げて行くことが重要です。

そのため、ポートフォリオは応募する会社の性格や職種に合わせて内容を最適化する、面接時に作成するのではなく、書類選考を行う時点では完成させておくなどが大切です。

ウェブデザイナーなどの職種の場合は、応募後には書類選考が行われ、この時経歴書の中に自作のポートフォリオを閲覧出来るようにwebサイトにアップしておくのがお勧めです。

ポートフォリアサイトは、自作の作品集を掲載するもので、予め作成しておけば、選考スタッフが書類選考時にwebサイトにアクセスを行うことが出来るようになります。

ちなみに、webサイトの場合は、様々な情報を体系的に網羅出来る、ページからページへの遷移がスムーズに行えるなどのメリットを持ちます。紙などとは異なり、情報の追加や更新なども容易に行えるため、面接を受ける会社に最適なポートフォリオを手早くカスタマイズすることも可能です。

特に、webデザイナーなどの場合は、見栄えやユーザーインターフェースなどのスキルも評価の対象になるので、ポートフォリオサイトが有力と言えましょう。

 

ポートフォリオサイト作りの参考になるサイト

ポートフォリオサイトに掲載したい作品は決まっているけれど、サイト全体のデザインが思いつかないケースもあるのではないでしょうか。

サイトは転職活動の中で、それ自体のwebデザイン評価の対象になるので、手抜きをせずにしっかりとしたもの、魅力的なデザインや構成を考えなければなりません。

おすすめとなるwebサイトは、一流のウェブデザイナーが作成を行っている、クォリティーの高いポートフォリオサイトを参考にすることです。

世の中にはどのようなサイトが存在するのか、ネットの中には膨大な量のウェブページがあるわけですから、探し出すのも一苦労と考える人も多いことでしょう。

例えば、ウェブデザイナーの中でも有名どころの名前を検索ワードに使うのも、一流のウェブデザイナーの作品を閲覧するコツに繋がります。

プランニングディレクターやデザイナーとして活躍している人、フリーランスとしてディレクションを初め、デザインやコーディングを手掛けている人など、ネットの中にはおすすめのポートフォリオサイトがたくさんあります。

たくさんあると言うことは、それだけ多くのデザインを見て勉強出来るわけです。書籍などの場合は本屋さんに出掛けたり図書館で探さなければなりませんが、ネットなら簡単に見つけることが出来ます。

 

どのくらいの期間でポートフォリオサイトは完成させるべき?

ポートフォリオサイトは、これからwebデザイナーを目指す人は必ず作らなければならない転職のツールでもあるわけです。

書類選考時にURLを貼り付けてアピールする、書類選考後は1次面接、2次面接などの壁を突破しなければなりませんので、魅力をアピール出来る作品を作り上げる必要があります。

いつまでに仕上げるのかは、納得出来る作品が出来るまでと考える人は多いかと思われますが、スケジュールを立てることがポイントです。ポートフォリオの製作は、思った以上に時間がかかるので、すぐにスタートする事が大切です。

自分が作成したい完成形をイメージする、さらにどのくらいの製作期間を取ること出来るのかを確認しておきましょう。

現在の自分の状況に合わせて大まかなスケジュールを作り、そのスケジュールを実行して行くことが完成への近道になります。

1年後に完成させる場合には、3ヶ月、半年などの節目となる部分で、どこまで完成させるのかをスケジュールの中に入れておくのも大切ですし、しっかりとしたものを作成しておけば書類選考や面接時の評価にも繋がります。

ちなみに、完成形のイメージが出来ない人も多いかと思われますが、ネットの中にはプロのデザイナーが製作したポートフォリオが多数あるので参考にすると良いでしょう。

 

面接で一番評価されるのがポートフォリオサイト

ウェブデザイナーを目指す人、実務経験がある人など転職する時に必要不可欠なのがポートフォリオです。

事務職やIT企業などの面接場合には、過去の職務経歴書などを基にして、どのような経験をして来たのかをチェックし、自社の業務に対して貢献出来る人材であるのか否かを評価します。

特に中途採用の場合には即戦力を求める企業が多いため、職務経験が多いほど有利になります。 これに対して、ウェブデザイナーの場合は、デザインのスキルやセンスなどが面接官が評価するポイントです。

スキルがどのくらいあるのかは、経験を見ることで分かりますが、センスについては実際に手掛けた作品が評価の対象になるわけです。

ポートフォリオは作品集と言う意味を持つものですが、ウェブを使ってポートフォリオの作品をアップしておけば、書類選考時にセンスや実力を評価して貰えますし、ウェブの場合は追加や削除、変更などを容易に行えるメリットもあります。

また、ウェブにアップするだけでなく、面接時にポートフォリオを見せる方法としてノートパソコンやタブレットなどを利用するやり方もあります。

機動性のあるタブレットなどの場合は、複数の面接官がいる場所でも回覧がしやすくなるなどのメリットを持ちます。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング